教育における3つの方針(ポリシー)

 岡山大学大学院法務研究科は,高度専門職業人たる法曹の育成を目的とする専門職大学院です。当研究科は,中四国における法曹養成の拠点として,理論と実務との架橋を強く意識した理論的及び実務的教育を行い,高度の体系的法知識と実践的法運用能力を備えた法曹を育成しています。また,地域の自治体,医療機関・福祉機関,企業等と連携しながら,地域に奉仕し,地域に根ざした法曹養成に貢献する大学院として機能しています。

 入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

岡山大学大学院法務研究科では、次のような人を求めています。

(1)社会問題への幅広い関心を持つ人
 法曹には、社会の現状や問題に幅広い関心をもち、その解決に力を尽くそうとする姿勢や、未知の事柄について知的好奇心をもって、自ら調査し探求する態度が不可欠です。
 本大学院は、「地域に奉仕し、地域に根ざした法曹養成」を目指していますので、特に、身近な生活問題の解決や人権擁護のために活動することを基盤として、さらに社会問題への幅広い関心がある人を受け入れます。

(2)倫理観・正義感を持つ人
 法曹には、単に紛争を解決し、予防するだけでなく、倫理的にも社会的にも妥当な判断が求められます。
 本大学院は、その基礎となる倫理観・社会的正義感をもつ人を受け入れます。

(3)論理的思考力を持つ人
 法曹には、問題を法的に整理し論理的に理由付ける能力が必要とされます。
 本大学院は、論理的思考力を有する人を受け入れます。

(4)コミュニケーション能力を持つ人
 法曹としての活動は、コミュニケーションを基礎にはじめて適切に行いうるものです。
 本大学院は、他者の置かれている状況を理解し、その気持ちを汲んだ上で、自分の考えを明確に表現できるなど、対話による適切な問題解決を行う能力のある人を受け入れます。

 教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

 岡山大学大学院法務研究科は,高度専門職業人たる法曹育成,とりわけ,司法過疎地域や社会的弱者などに目を向けた人権感覚豊かな法曹の育成を目的とし,理論と実務との架橋を強く意識した教育を実施しています。このような教育目的・理念のもと,体系的法理論と専門的知識の習得とともに,実践的法運用能力や職業法曹人にふさわしい倫理観及び人権感覚・社会的正義観念,それらを支える教養と深い洞察力,ならびに,地域的法実務に必要な総合的判断能力・批判能力などを涵養するという観点からカリキュラムを編成し,高度専門職業人としての必要な能力を備えた人材を育成するという専門職学位課程の趣旨に沿った質の高い学位プログラムを提供します。

 学位授与の方針(ディプロマポリシー)

 岡山大学大学院法務研究科は,「地域に奉仕し,地域に根ざした法曹育成」を理念に掲げ,カリキュラムポリシーに基づき編成されたカリキュラムを実施することにより,高度専門職業人たる法曹にふさわしい倫理観や人権感覚に裏打ちされた高度の体系的法知識と実践的法運用能力を備えた者に対して,「法務博士(専門職)」の専門職学位を授与します。